形の有無に関わらず美しいもの(「美味しい」も含む)をこよなく愛する歌い手マイラの日記


by ram_jam_myra

アルゼンチンとチリの旅 最終

帰国の日、頭の中は隣の国 チリ のことで頭がいっぱいだった。

朝、少し散歩して
a0160287_2421454.jpg

記念樹を植えた。私がアルゼンチンのコルドバ州ベルビルに居たという証を残す。
a0160287_2452040.jpg




コルドバ空港に着いて少しお茶をすると、フライト40分前なのでそろそろ…と出発口へ向かう。
この日、オーストラリア人組はブエノスアイレスに飛び、その後リオのカーニバル中のブラジル・リオデジャネイロに飛ぶ。私はチリ・サンティエゴに飛び、NYを経由して日本に帰る。彼らの出発は私より数時間後。先に飛び立つ私はみんなにお別れをして「必ずまた来てね。」「必ずまた来るよ。」の約束をする。

出発口を出ると検査や出国手続きがある。それを見越して1時間~2時間早めに入るのが普通なのだが…。

全てが3分以内に終了してしまった・・・。

さすが、地方空港だ。



チリのサンティアゴに到着。フライトが早まったせいもあって、NY行きの便まで6時間ある。
入国するしかないっしょ。運よくビザいらね。荷物はNYまで引き取らなくてOK。
ということで、入国し、サンティエゴ空港を出る決心をする。

「地球の歩き方」にチリも載っているので助かった。それによると 全く英語は通じない とのこと・・・。 日本に居るときは夜になるので入国するつもりなかったが、こちらに来て午後8時でも十分明るいことが分かったので急遽入国することにした。カタコトにもなっていないスペイン語を武器に。


さて・・・バスで市内に行かなくては…と思いながら両替に行く途中、すばしっこい小柄な男性が「バス乗ってってよ!(と言ってたと思う)」と話しかけてきた。見ると彼の手には私の乗りたいバスの写真が!「両替したら乗る(と言ったつもり)」「Si Si、じゃ、両替行っちゃって(と言ってたと思う)」このバス、US$10で町の好きなところで降ろしてくれる。安全だし、少し高いけど30分位は乗らないといけないので許せる。

私の知る範囲で分かる人にしか分からなくて申し訳ないが、彼は Soul Taxi のベースのKさんにそっくりで驚いた。

両替終わると、すぐにまた彼がやってきた。英語が少しできる運転手を紹介され、
「どこへ行けばいいのかい?」
「モネダ」
「モネダね、OK。で、モネダったって広いがモネダのどの辺りに行きたいのかい?」
「モネダ宮殿」
「じゃ、横に停めるから後は歩いて行ってよ。」
「はい。」

英語ができる人はこの人が最初で最後だった・・・が、というわけでバスに乗り込む。

サンティアゴの治安は非常にいいこと、万が一の時は警察を呼ぶこと、その際はコイツを頼りにするといいと警官の名前まで教えてくれ、チリ人は英語が通じないことなどを運転手さんと話していると、向こうにアンデス山脈が雪を被ってそびえ立っているのが見え、だんだん都会に近付いてきた。 「さぁ着いた」と降ろされたのは宮殿の真横。急ぎ飛び降り礼を言う。

そこからサンティアゴ大冒険の始まり。宮殿、大聖堂、丘、市庁舎など色々見て回る。
「ここ 大聖堂?」「違うよ。大聖堂ならこの先の右にまがったとこだよ。」 こんな感じでなんとかなっている。
それに町は欧米人の観光客だらけだ。黄色人種は見当たらないけど、アルゼンチンほどマジマジと私を見ない。アルゼンチンでは私を宇宙人を見るかのように眺める人が多かった。アジア人が珍しいようだった。

a0160287_2474544.jpg

a0160287_2492439.jpg


歩き回ったら腹減った。有吉のように全ての訪問国でご当地マックを食べるという目標のため、マックへ行く。ご当地バーガー発見!でも何でできてるのかよくわからない。とりあえず注文してみる。
「何チャラバーガーのクラッシクを1つ」
「クラシコ?」
「(あぁ、classicって書いてあるくせにスペイン語なんだ)そうそうクラシコ。」
「○※♪△■☆にする?★#▼□*%にする?」
「(は?なんそれ?意味わからん。とりあえず聞き取れた方にしよ)○※♪△■☆で。」
「コーラでいいよね?」
「Si」
「は~い、○○○ペソで~す。」

a0160287_2503925.jpg

買えた。 何チャラバーガーの正体は、不思議な味の香辛料が付いたローストチキンバーガーでした。 味は悪くないですよ。LAのバーガーに比べれば◎です。コーラも普通のコーラでした。
LAではマックにしたのを後悔した。隣のスシボーイにしとけばよかった(小僧寿司ね)。


それから町を再び散策していると不思議な一角発見!!地図によると…民芸品市場。
a0160287_253258.jpg

a0160287_2533647.jpg

ばあちゃんにアルパカのカーディガン、自分用にラピスラズリを購入。
でも、そろそろ帰らないと。 って空港どうやって行くんやか?
最悪タクシーでいいやって思ってたけど、タクシーなら残金ギリかな…。
けど、流しのタクシーは危険って書いてあるし(実際はそうでもないと思う)。
通りを歩き、バス停を探していると乗り合いタクシー乗り場発見!!「空港」の文字を探すが…どこにも…ない。仕方ない、おっちゃんに聞く。

「空港行きは?」
「空港?あ~ここじゃないよ、ここから1,2の3ブロック先に乗り場がある。そこ行きな!(と言ったと思う)」。

3ブロック歩くがそれらしきものは見当たらない。ボケッとしていると目の前を「空港行き」と書いた青いバスが通った。。 「は?今、右から来たよね?」右に突進。あったあった。空港行きバスとタクシーのり場。確かに3ブロック先だ。5分もせずに次の空港行きバスが到着。1400ペソ(¥250位)で済んだ。 バスターミナルや色んな乗り場を経て空港に無事到着。


サンティアゴ一人de散歩…楽しかったぁ☆
a0160287_2553336.jpg


その後、飛行機に乗りも込むも…アメリカ行きのためセキュリティ強化対策でカバンチェック、ワンコチェックがあって、やや遅れて離陸。
10時間後雪で覆われた白い街NYに到着。思わず着陸時に拍手が沸き起こる。
もうまずいものは食べたくないぞ!ということでシメは フルーツ。
デルモンテうまし!!
a0160287_254547.jpg

[PR]
by ram_jam_myra | 2010-02-21 02:58 |